So-net無料ブログ作成
前の20件 | -

嬉しい連休のひと時

何となくスピリチュアル~その4~

潜在意識をうま~く、ダマして自分が望む方向に誘導する。あるいは

潜在意識のもともとの記憶を書き換える。コレについてはいろんな本で

様々なメソッドが紹介されているので、自分がピンときたものを試して

みたらイイ。アファメーションをする、願望が叶ったかのように

振る舞う、願望を紙に書くなど。アファメーションとは自己宣言で、

アスリートが競技に臨む前にコーチとやっているアレだ。

コレをやるのとやらないのでは記録に大きな違いが出るコトは科学的に

実証されている。願望が叶ったかのように振る舞う。

「強くなりたければ強いフリをしろ。」

「お金持ちになりたかったらお金持ちのフリをしろ。」

ってコト。コレも潜在意識をうま~くダマすメソッドのひとつ。

自分がなりたいと思う人間になったら、どのような立ち振る舞いを

するのかをイメージしてソレをやってみるのだ。たとえば年収1億に

なった自分はどんな人間になっているだろうか。人との接し方は

こうで、穏やかな口調で話すだろう。いつも静かに微笑んでいて、

感謝と思いやりの心溢れる人格者になっているだろうねとか。

それから願望を紙に書く。コレはかなり強烈に効くんだけど意外とね、

実践してる人って思いのほか少ないみたい。

「紙に書いて実現するぐらいなら何も苦労しないよ!」と、ハナから

バカにしてやらない人はソレもその人たちの好き好きだから、別に

その人たちをあたくしはディスるつもりはないけれど、大損をして

いると自覚した方がイイぐらい。

まずノートでもメモ帳でもなんでもイイから願望を紙に書く。そして

起床時と寝る前に書いたものを眺めてニタニタする[わーい(嬉しい顔)]

すると、忘れたころに実現している。そう、

紙に書くと実現するのだ(笑)。

あたくしの場合は毎日ノートに願望を10個書く。あんまり深く

考えないで手早くね。コレは、作家で実践マーケッターの

神田昌典氏の著書「非常識な成功法則」で紹介されていたメソッドで、

実際にやってみると、書いたコトさえ忘れた2~3年後に読み返して

みると、「あ、コレは実現したな。あ、コレも。」というのが

ポツポツと出てくるのだ。

但しね、何事もそうなんだけど継続するコトが何よりかにより大切だ。

何日か試してみて「何も起こらんぞ!」って怒ったりする人。

あのね、「ローマは一日にして成らず」なの。そのぐらいの日数では

継続したうちに入らんのだって。そうして1ヶ月ぐらい経ってブチ切れ、

「引き寄せはウソだ。メンタリストDaigoさんもそう言ってる。」

な~んて泣き言をいうのはあまりにも早計というものだ。果たして

どのぐらいで効果が表れるのか、というのが個人差がかなりもあるので

いつだとは決められないのだが、強いて言うならば、

「効果が出るまでやる」

のである。アメリカの名(迷)言にこういうのがあるのでご紹介する。

「Fake it untill you make it!」

日本語に訳すと「成し遂げるまで、ダマし続けなさい!」ってコトだ。


嬉しい休日のひと時

連休ってソレだけでも子供たちはウキウキ気分だね。

体育の日がらみの3連休、みんなで好きな食べ物のお買い物に行ったり

して、各々自分の好きな食べ物を買ったりしてた。朝ゴハンはみんな

軽~くフルーツグラノーラやフロスティなどのシリアルで済ましている

みたいだね。食物繊維が豊富だからカラダにはイイんだろうけど、

あたくしはグラノーラのなにやらボソボソした食感がイマイチ好きに

なれんのだけど、長男は平然としてパカパカと食べている。

意外なコトに、末っ子が唐突に「温泉に行きたい。」って言った。

ココしばらくはゲーム三昧の生活で思い返せば2年ぐらい行って

なかったなぁ。妻の生前は彼女が大の温泉好きだったから結構頻繁に

行ってたんだけどね。天気もいいしお出かけ日和、次男を起こして

長男を呼びに行かせた。引きニート時代は温泉に誘っても一緒に行くと

いった試しがなかったんだけど。あっさり行くと言ったので素直に

喜んでみんなそろって爽やかな秋晴れの朝に出発。

お隣の日田市にあることひら温泉にお昼前に到着。

IMG_20191014_112934.jpg
IMG_20191014_113853.jpg

久しぶりの家族風呂で温泉を堪能してみんなすっきりさっぱり気分だ。

お昼時でお腹もすいたので近くでゴハンを食べようかと相談するんだけど

みんなの意見が食い違ってあたくしがお店見つけるたびに

「ココはどぉ?」って訊くけど誰もウンと言わず、すったもんだの末

結局久留米まで戻ってきて食べ放題のしゃぶしゃぶ屋さんにランチタイム

終了(15時)間近に滑り込み、しゃぶしゃぶ&飲茶を90分間怒涛の

勢いで食べまくった。次男と末っ子でゴマ団子25も個食べたりね。

IMG_20191014_145512.jpg

基本こーゆーお店ではあたくしはゴハンを必要としない人なんだけど、

子供たちはみんな3~4杯ゴハンをお代わりしていた。次男曰く

「ゴハンがある方が食べる勢いが付く」だって。

そんなこんなでみんな満腹満足して、晩ゴハンが要らないってぐらい

たくさん食べたので、実に充実感のある休日を過ごせたなと、

あたくしにとってはスゴく嬉しい休日のひと時だったよ^^。

フフッ、帰宅して缶チューハイを頂きながら充実感に浸っている[わーい(嬉しい顔)]


nice!(27)  コメント(1) 

あ~ズル休み

何となくスピリチュアル~その3~

どうやって潜在意識に願いを聞き届けてもらえばイイのか、どうやって

眠れる巨人~潜在意識のポテンシャルを解き放つコトが出来るのか、

ってコトになるんだけど、コレがまた一筋縄ではいかない。皆さんも

聞き覚えがあるとは思うけど「思考は現実化する」って言葉。引き寄せの

法則、スピリチュアルや自己啓発の分野をかじったコトのある人ならば、

馴染みもあるだろう。確かにその通り、確かに、その通りなんだけど…。

ココで大勢の人がこの言葉の裏にひそむ巨大な落とし穴の餌食になる

コトと相成る。潜在意識は年中無休、24時間営業だ。休むことも眠る

コトもない。そのおかげで人間は意識せずとも心臓は動き続け呼吸をし、

各臓器を動かし続け、その人が行動して経験したコトなども余すことなく

記録している。それほどに優れた器官にも拘らず、潜在意識には善と悪、

過去現在未来の時間、欲しい欲しくないといったものを区別が出来ない。

おまけにイメージングやアファメーションを何回かやったところで

潜在意識が激しく抵抗、反発するワケだね。ソレは何故かっていうと、

潜在意識の最大の目的は「安心、安全を守るコト」コレだけだ。

要するに変化を嫌うのである。たとえそれが自分にとって良い変化で

あってもカンケーないのだ。なのでたとえば自分が

「億万長者になったら人生の選択肢が増えるし、おカネにの心配をせず

に楽しいコトがたくさん経験できるよね。」
と、言ったとしても、

潜在意識は平均的な収入の現状=安全億万長者の世界への変化=危険

と認識するから「私は億万長者だ云々!」と、

イメージングやアファメーションなどのメソッドを何度試みたとしても、

そのたびに潜在意識は「このウソつき野郎!ボンビーのくせして何が

億万長者だ!!」
と抵抗し、望みとは裏腹にボンビーな状況を引き寄せ

現状を維持をしてしまう。コレが所謂「逆引き寄せ」とか「引き寄せの

パラドックス」
と呼ばれる現象だ。

そう、ウソはイカンのですよウソは(笑)。あ、ゴメン、厳密には詐欺を

働くとか人を傷つける、他人の権利を侵害するなど、そーゆーウソは

イカンけれども、「ウソも方便」で潜在意識をうま~くダマして自分の

望む方向に誘導するってのならソレは大いにアリだからね。


次男のレポート

次男があたくしのノートPCを貸してくれという。大学のレポートって

自宅のデスクトップのWordで作ってプリントアウトして持って行ってた

みたいだけど、何か思う所があってそう言ったんだろうけど、

あたくしのノートPC、Microsoft-Officeが入ってないのでエクセルも

ワードも使えない。そのうえ大学では本来パワーポイントていう

プレゼンテーション用ソフトを推奨しているけど、記録手段はメモ帳や

ボイスメモとカメラだけ。ブログの文章作成は、メモ帳で下書きをして

ブログにコピペ(曽根風呂は時々サーバーエラーとか技術的な問題とか

で投稿した記事が消えるコトがある。なので下書きを残しておかないと

泣きを見る[もうやだ~(悲しい顔)]
して作成するから購入価格を安くするためにOfficeは

要らないかなって思ってね。次男、結局使わずに済んだみたいだけどね。

そんなワケで次男にはあたくしの使い古しのUSBメモリーを

フォーマットして渡し、ガッコと自宅間でデータの持ち歩きが出来る

ようにした。


あ~ズル休み

末っ子は今日もお腹が痛いって言って、

「パパ、ガッコにお休みのデンワして。」っていいに来た。お休みが

最近多いなと思いつつ、ガッコにデンワしたんだけど、ソレについて

長男が「休ませ過ぎ。」と怒っている。そうだった、来週は体育の日

がらみの3連休だった。長男の前例があるので、具合悪いのを押して

ガッコに行かなくてもイイだろうとユル過ぎなあたくしだけど、思わず

彼に「アンタどの口がいう?」と、突っ込みのセリフを慌てて

飲みこんだ。危なかった。せっかく社会に復帰できたばかりなのに、

台無しになってしまう。でも長男のいうコトは正しかった。

前日の晩ゴハンはナベもの(博多水炊き)だったので残ったスープで

雑炊をたくさん作ったんだけど末っ子、3杯もお代わりをした。

もう!ズル休みだったんかい[むかっ(怒り)]!?


nice!(31)  コメント(0) 

家族みんなで買い出し

何となくスピリチュアル~その2~

子供の頃ってのは皆、誰しもそうだったであろうと思うけど、

荒唐無稽で実現の不可能な夢さえも無邪気に語っていたものだ。そもそも

その夢が叶うかどうかなんて気にもしないし、本当に純粋な思いだったの

だろうと思う。そう考えると子供の方がむしろ、潜在意識の使い方が上手

なのかもしれない。ところが成長するにつれて両親、兄弟周囲の人々

からのネガティブな情報を聞いたりして、

「そんなコト出来るはずがない。」

「アナタには無理でしょう。」

「現実を見なさいよ。」

と、そんな心無い言葉を聞いて自分自身もいろいろな疑念が生じて

「こうなって欲しいけど、無理かなぁ~。」

と呟く。ハイ!そこで潜在意識は後半にボソッと言った

「無理かなぁ~。」の思考を取り込んで、「無理」という現実を

引き寄せてしまう。そう、疑いこそが願望実現の大敵なのである。

そんなコト言いつつも、現代社会においては子供の無邪気な夢を社会人

になっても無邪気に語っていたらドン引きされるし、そういった感性は

隠すなり消すなりしなければ、社会人失格の烙印を押されかねない。

あたくし個人的には男は幾つになっても子供っぽい夢が見られなく

なったらもう、「オシマイ」だと思っている。

まぁしかし言っちゃぁなんけど、歴史上でも偉大な功績を残した偉人

たちの考えや言動が現実的であるってコトはまずないんだけどね。

ライト兄弟しかりアレクサンダー・グラハムベルしかり、

トーマス・エジソンしかりである。そんなこんなで子供から大人になる

過程において、大概の人間は顕在意識と潜在意識の間に

「クリティカルファクター」っていう分厚い壁を形成してしまう。

この壁の存在が潜在意識へのアクセスを困難にしているワケ。

かくなる上は、寝入りばなと起床直前のまどろみの時間が

「クリティカルファクター」が薄くなる、ないしは穴が開く状態なので

そこを狙って願望を潜在意識に送り込む。な~んてしち面倒なコトを

やらなくてはならないんだけど、現実問題今のあたくしは

「大金を持ってこい!」と言われても土台無理だけど、あたくしの

潜在意識にとっては造作もないコトだ!であるならば、潜在意識さんに

願いを聞き届けてもらうために努力する方が、

はるかに得策であると思うんだけどね。


家族みんなで買い出し

日曜日には家族みんな揃ったので、子供たち3人を伴ってお買い物に

行った。3人とも好みがそれぞれだから、直に見てもらったほうがイイ

からね。そんな中長男は大容量の冷凍鶏むね肉と豚バラかたまり肉と

豚角煮の素。お昼ゴハンにこっそり作って一人で食べたらしい。

IMG_20191004_222139.jpg

角煮好きだから多めに作ってもやいに(シェア)しろよって思ったけど、

昔のあたくしとおんなじコトしてると気づいてハッとなった。

高校時代から飲酒をしているあたくしは、おつまみ作るために家族の

留守中に実験的に調理を行っていたからね。末っ子はお惣菜コーナーの

肉団子。次男はお腹が空いたときにさっと焼けるお肉、牛カルビ焼肉用。

現実には次男は毎日登校する時間がまちまちな上、目覚ましが聞こえない

ぐらい爆睡。なので、ギリギリの時間に飛び起きたりするので調理をする

時間はあまりないけどね。

晩ゴハンは、あたくしがセレクトした鶏ささみ肉のにんにく醤油焼き。

IMG_20191006_192257.jpg

文字通り醤油とお酒とおろしにんにくだけの味つけで、まぁささみの

真ん中の筋を包丁で取り除くのがめんどくさいんだけど、コレね、

ゴハンのおかずにもおつまみにもイケる、単純だけど実に味わい深い。

チーズなんか乗せて焼いたらなお美味い。鶏ささは安いからね、

たくさん作って余った分は冷凍して保存。食べたいときにレンチンして

解凍すればいいかなと思いきや、予想に反して「聖なる胃袋」の次男、

次世代の末っ子がたくさん食べたので、余るコトはなかったけどね

(あれま…[がく~(落胆した顔)]

かろうじてあたくしが食べる分ぐらいは、残っていたけどね。


nice!(27)  コメント(3) 

何となくスピリチュアル

何となくスピリチュアル

あたくしは朝目覚めるときに、一気に起きてしまわずにしばらくの間目を

閉じたまんまでいろんなコト、特に自分の願っているコトいろいろ考えて

から起きるようにしている。何故かと言えば寝入りばなと起床直前は、

senzai-1.png
※画像・bellecorp.co.jpより引用

通常の意識下の深層にある潜在意識(氷山に例えるならば通常の意識で

ある顕在意識は海から出ている1割、潜在意識は海に沈んでいて見えない

9割の無意識の神がかり的な部分で人間の想像ではおよそ計り知れない

ポテンシャルを秘めている。コイツのポテンシャルを自在に引き出せる

ようになれば、その人は無敵になれる。同じく人間の魂と肉体の

潜在能力を100%使い切る、北斗神拳を身につけたようなものだ[爆弾][爆弾]

ところが昼間活動しているときってのはどうしても顕在意識が表面に

出ているので願望が潜在意識まで届きにくいのだ)にアクセスを

しやすい為だ。最近ね、ソレに加えて起きる寸前に満面の笑みで

「しあわせだなぁ~。」「あ~りがとぉ~う。」

って言いながら起きるようにした。まだ開始して5日ぐらいしか経って

ないんだけど、プチだけどちょっと嬉しい報せが2コほど入ってきた

ので、こりゃぁ100日も続ければきっと、もっとスゴいコトが起きそう

な気がするよ。

年明けに「こんなスゴいコトが起きたよ。」と、拙ブログ上で皆さんに

ご報告出来たらイイなって思う。

という、何となくスピリチュアルなハナシでした。


秋らしいメニュー

10月に入ってだんだんと秋らしくなってきたので、晩ゴハンの

メニューに豚汁を作ってみた。

IMG_20191003_180728.jpg

ウチでは普段朝ゴハンにお味噌汁なんて作らないし、しゃぶしゃぶと豚汁

ぐらいしかお味噌の味にはなじみがない。そんなワケで材料をナベで

煮ている段階で台所の隣の部屋でゲームに興じていた末っ子が、

「いいニオイがする。」って言い、仕上げのお味噌を入れる際には

「自分がやりたい」といって、お味噌の入った味噌漉しをナベでぐるぐる

回してた。で、出来上がった豚汁を、何度も味見してて、ゴハンを食べた

後までちょくちょく汁だけ味見していた。

我が家の豚汁は具だくさんに肉だくさん。なのでコレだけでおかずとして

のボリュームは十分だ。次男はゴハンを掻き込みつつ3杯ぐらいお代わり

をしていた。 昨日の
末っ子はお休み前日のキンタロー曜日にも関わらず、

お腹が痛いと言ってガッコを休んだのに、朝ゴハンにフレンチトースト

なんてリクエストしてくる。

IMG_20191004_084859.jpg

末っ子に起こされて前日の宿題のチェックして、ボウルに玉子と牛乳を

入れてミルクセーキを作って食パンを並べたバットに流し込んで、

食パンに染み込ませてバターを溶かしたフライパンで焼いて出来上がり。

末っ子のフレンチトーストの前回のブームは3年以上前で妻もいて

末っ子は小ガッコに上がる前。思い返してみれば、妻のリクエストで

作ったものを一緒に食べてから気に入って、出勤前の忙しい時間に

「フレンチトースト作って~。」と言われたのを思い出した。

しばらくは食パンと牛乳と玉子は切らさないようにしなくては…。


nice!(37)  コメント(4) 

今年もあと3ヶ月

10月のスタートだ

いつの間にか今年も残り3ヶ月になってしまったね。そしたら朝末っ子が

お腹が痛いって言ってて、ガッコに欠席の連絡をして、あたくしのお布団

に寝かした。末っ子は現在祖父が施設に行ったため、空いた部屋にPS4や

Switchを持ち込んで、これまた祖父の大画面TVに繋ぎヘッドホンを装着

して4年生で組が別になった、3年生の時のお友達のマ〇カちゃんと通信で

会話しながら一緒にゲームに興じている様子。実に楽しそうだ^^。

時折思い出したようにあたくしのところに寝に来るのはあたくしの

お部屋に敷いている低反発マットレスの寝心地がお気に入りかと思われ。


手術1ヶ月前の診察

一昨日、白内障手術1ヶ月前の診察に行ってきた。血液検査やその他眼圧

や視力検査等の検査の後、先生からは「予定通り手術行いましょう。」

ってコトになった。お盆に子供たちと義母のお墓掃除に出掛けた際、

左目の視界の上の方が霧がかかったような部分があったのが

「おかしいな…。」と気づいた時だった。それから急速に視界がビニール

被せたみたいになっていき、8月末の診察で「白内障が進んでますね。」

ってコトで、ソレから今に至るまで実質片目のジャック生活だ。

10月中は手術に関しての受診をしなくてはならない。片目のジャック

生活を通して健康な目でものが見えるっていうコトが、いろんなところ

に出掛けて行く先々の美しい風景を愛でるコトが、どんなにありがたい

コトなのかってのは、よ~く分かった。

なに不自由なく動ける身体があるコトもね。身体はクルマみたいに

古くなって調子悪くなったって、買い替えるワケにいかないから、

自分が寿命を終えるまでは使い続けなくてはならないからね。

そしてまぁ頑丈な身体に生んでくれた母にも感謝しなくてはね。

お仕事を休んでいる間、あたくし大概は酒盛りしてるんだけど、

いろんなコトを考える時間もたっぷりと与えられた。色々考えてたら、

長男が下から叫んでる。「米びつに虫が飛んどる。」…。

米びつの中には虫が付かないように、唐辛子を入れたり、米唐番

などの虫よけを入れておく。なんかの対策が必要だけど、コレは

妻が管理していて虫よけなんてあたくしは買ったコトなかったのね。

コレを怠るとお米にミニカブト(カブトムシを縮小したみたいな虫。

正式名はコクゾウムシだったっけ?)
が付いたりする。

慌ててホームセンターに行って買ってきて米びつに投下した。

IMG_20191002_183626.jpg

SSブログへの移行

10月1日の朝から曽根風呂のシステムメンテナンスにより終了時間の

18時を過ぎたので、再度ログインを試みると、何やらブログ名称が

SSブログに変わってて、新ドメインを取得しなければならない。

何の気なしにユーザーIDとパスワードを入れたんだけどエラーが出て

ログインができない。「???!」他のメルアドでも試したがダメ。確か

前にもそんなコトがあって大騒ぎをしたんだけど、その時はdocomo光の

回線を引きなおしたばっかりで、so-netのサポートデスクにデンワして

アドバイス通りにやったら難なく復活できたので、翌朝の9時を待って

デンワ。なかなか繋がらなかったが、オペレーターから「この画面から

入ってください」
というアドバイスで今後使うメールアドレスと、

パスワードを入力し、返信メールからSSブログへの移行が完了した。

もうね、自分でジタバタしてムダな時間を掛けるより、デンワで

訊いた方がよっぽどイイねって思ったよ。


nice!(32)  コメント(3) 

もう秋なんだね

寒くなってきた?

昼間の暑さは相変わらずだけど、朝夕はすっかりしのぎやすくなってきた

今日この頃、ソレを如実に表すかのように夜の夜中に末っ子があたくしの

とこにろ来て「寒い。」っていうので前シーズンの毛布を出したら

「ニオイがクサい!」な~んて文句を言うので毛布にファブリーズ

”男の5大臭”を吹きかけて部屋に行ったら真夏の感覚でいつの間にか

クーラーつけていて寒さを感じてきたので慌てて消した。そりゃぁ

そうだろう、いつの間にかもう10月になんなんとしているのだから。

7月から叔父(義兄)のお店でバイトを始めた長男、お小遣いが出来た

ので、運動会で頑張った末っ子にゲームソフトを買ってあげたという。

IMG_20190925_195212.jpg

ゆっくりだけど、社会に適応していけばいいなと思う。今月下旬からは

お客さんと対面する仕事もやり始めた。業務上の予備知識的な細かい

アドバイスはいっぺんに教えても覚えきれないだろうから、その都度

レクチャーしていこうかと思ってるんだけど、コレがクリア出来たなら、

もうほとんど問題なく社会生活を送ることが出来るだろう。

後は活動範囲を広げて自分の口を養えるくらいの収入を得られるように

なればパーフェクトだろう。コレであたくしも幾分ラクさせてもらえる

かもね。

次男は大学に行くコトによって稼ぐ力を増強するって主張してるから、

まぁハッタリ君でもなければ、っていうか初めはハッタリ君でも構わない

けど、たとえハッタリ君でもカマし続ければやがては本物になってくる

からね。今ね、後期分からの大学の奨学金の申請も迫っているんだけど、

元来ギリギリ男の次男、最初の案件で必要書類をいろいろと揃える

必要があるんだけど、「この書類、いつまでに揃えにゃイカンとの?」

って訊いたら「明日まで。」な~んてコトを言う[がく~(落胆した顔)]

もう阿呆かと…。いやマジ阿呆だ!

夏休み中はお友達のとこに泊まって帰って来なかったり、おもむろに

修学旅行に使用したスーツケースを取りだしたかと思えば、某千葉県

浦安市の某鼠の国だか海だか知らないけどLCC利用で行ってきたらしい。

おそらく次男一人ではそんなスキルはないと思われるので、お友達の

グループの中にそーゆーものに詳しい子が居るんだろうと思われ。

かなり格安で泊まれるホテルなんか探したんだろうね。

次男も何度かやれば旅のエキスパートになって、あたくしが教わる

方の立場になるであろう。実は内心その日が来るのを楽しみにして

いるんだけどね。

IMG_20190929_154341.jpg
※晩ゴハンの調理の前に景気づけに「レッドアイ」を頂く

母からLINEが入ってた。「月末までには眼科行きなさいね。」ってね。

白内障の手術は10月末なんだけど、その1ヶ月前の受診だ。…。

と思いきや、眼科行ってみたら土曜日は受付け不可とのコトで追い

返された[むかっ(怒り)]。そんなコトは知らんから来院したんだけど、血液検査など

もあるっていうコトで明日30日(月)に再訪の予定。

早いとこ片目生活にピリオドを打ちたいね。


nice!(33)  コメント(2) 

台風通過後の運動会

運動会延期の連絡

うがが~!!末っ子の運動会21日(土)が、延期になった。

ガッコのセンセからデンワを受けて知ったんだけど、あたくしは末っ子が

夕方帰宅時に「台風来よるけど運動会あるとの?」って訊いたんだけど

末っ子が「あるよ。」っていうもんだからね、内心では

「順延濃厚でしょ。」って思っていたので、お弁当の材料のお買い物

行ってなかったので20時ぐらいから慌ててお買い物にいって、帰って

きた直後に…。である。

ウチの家族+両親の分でケッコーな量買っちゃったから、

どーやって消化しようかと悩むし日程変更になった運動会は24日(火)。

なんか調子狂ったよ。っていうか狂ってるんだけどね、事故のショックで

メンタルのネジが1本飛んでしまったんじゃないかってカンジだ。

お料理には作る人の心が味に出るとあたくしは信じているから、こんな

状態で美味いもの作れるのか?母を通して仕出し屋さんに依頼した方が

いいかもと思ったりしたが、末っ子にとってのお弁当三種の神機、

から揚げ、玉子焼き、のりたまおにぎりを切望しているので、コレは

最低限叶えてあげなくてはと思っている。ついでにリンゴはウサギさん

にして、な~んてコト言ってるよ[むかっ(怒り)]

そんなワケで土日月は末っ子はガッコはお休み中で、あたくしも

事務所や役所の手続きなどの用事を済ませようかなと考えている。

月末は眼科に、手術1ヶ月前の受診に行かなくっちゃならない。白内障は

手術で治るけど、緑内障はどうしようもないっていうからね。コレに

ついてはね、ヘンなコトを言うようだけど、片目生活を送ってみて1ヶ月

経過したけどやはり遠近感がつかみにくいのが痛いが、見たくない余計

なものが目に入らなくて良かったって思うコトもあるワケね。

だけどホンネはもう1日も早く左目が見えるようになりたいから手術の

日が楽しみで待ち遠しい。まぁ眼鏡を初めて作ったときみたいにきっと

劇的に視界が広がるんだろうね。


台風通過後の運動会

そして来ました運動会当日。あたくしは午前5時起きでお弁当作り。

母親を小1で亡くすという過酷な体験をした末っ子に、肩身の狭い

思いをさせてはなるまいと、学年ごとの体操服への名札の縫い付け

(図体のデカいあたくしが妻のお裁縫箱を横において、お針仕事を

してる姿がか~な~り可笑しかったらしく、遊びに来てた姪ちゃんから

爆笑された記憶がある。余談であるがあたくしは技術・家庭は

5であった)
、渾身の思いを込めて調理して完成したのがコレ。

IMG_20190924_081712.jpg

完成まで8時半まで掛かったよ。見よ!男子夢のお弁当、から揚げ、

牛カルビ焼肉、とんかつ、ミートボールなど怒涛の肉尽くしを!

はっはっは!男子の「お肉食べたい!」欲求を100パー丸出しで反映

した、もはや理性のカケラもない狂気の肉だらけのお弁当の完成だ。

母があたくしの好物のかしわおにぎりを持参してくれた。

IMG_20190924_110823.jpg

お昼は「聖なる胃袋」の次男も食べに来るので、このくらいの

ボリュームは必要なのだ。本来土曜日だった運動会は、台風17号の接近で

順延され、平日の開催となったため、来年児のプログラムがなくなり

進行も早く、お昼ゴハンは11時頃に末っ子が戻って来た。

家で寝ていた次男をデンワで会場に呼びつけるが、お昼過ぎからガッコに

いくためあんまり食べられず、末っ子の最後の競技をみて帰っていった。

IMG_20190924_125339.jpg
IMG_20190924_125425.jpg

末っ子は第一走者だったのだけど元気に走って2位。あたくしの鈍足が

遺伝しなくて良かった[ふらふら]。子供時代、毎年リレーの類ではドベの

あたくしにとって、運動会は公開処刑レベルのイベントだったからね。

ちなみに次男は夜帰宅してすぐにお弁当の残りを平らげてほとんど捨てる

ものがなかった。流れる石は「聖なる胃袋」の面目躍如だね。


nice!(46)  コメント(7) 

3年目の命日

天国の妻へ

君が旅立って丸3年。上では相変わらず義母と2人して通りすがりの人の

悪口どん言うて、楽しんどるとやろか?先週っさい、湯布院で信号待ちば

しとったら後ろからエライな追突ばされてからくさ。ばってん外傷も

なかってほんなこつウンの良かったばい。今は腰痛だけ。むしろ相手の

お嬢のダメージがあたくしより酷かぐらい。それもこれも君が護って

くれたおかげたい。

IMG_20190917_190712.jpg

今日はみんなで君の好きなKFCを頂こう、愛しとるばい。

(あたくしと妻の愛言葉。生前の妻はあたくしがこーゆーと

「当然やろ!」と返す人だった)

※関連記事:私と妻の、『愛言葉(あいことば)』


妻の命日、今日で3年目だ。前の夜「明日の晩ゴハンKFCでよかね?」

って、子供たちに訊いて同意をもらった。まぁ別にKFCでなくても

テイクアウトの焼き鳥屋さんでもいいし、「ピザーラお届け」でも

イイんだけど。かぁちゃんの好きなKFCでってコトで決定。


事実は小説より奇なり

妻は何でも好き嫌いなくよく食べる人だった。手前みそだけどすご~く

可愛いい人だったのだよ。彼女がJKのころね(JDなってたかも)

義父の店舗で作業しているときに椅子に座って機械の操作をして

いたんだけど、そこに通りがかった妻がよろけてあたくしに倒れ

かかってきて、「危なっ!」とっさに彼女を支えたらなんか抱き合う

みたいな格好になっちゃってね、「大丈夫かい?」って訊く間もなく顔を

真っ赤にした妻は、ダッシュで部屋に戻ってコタツに潜り込んで、その姿

を目撃した義姉に「ナニやってんの。」と大爆笑されていた。あたくしは

苦笑しつつもチョット奇特なコトをする彼女だなと思ったけど、まさか

この人が10ウン年後あたくしの妻になる人とは当時は思いもしなかった

ものだけどね。事実は小説より奇なりってやつだね。

EFFECTS.jpg

幸せ度が優先だ

今日からまた2日間の業務なんだけど、楽しくやって安全運転で臨むよ。

もちろんね。自分の好きなことを仕事に出来て幸せだし1年以上の

無職期間を経て見つけた仕事だしね。但しそれがいくら稼げるかとか、

経済的に成り立つのかなんてのは考えてなかったので、経済的にはちと

厳しいんだけどね、いくら収入良くてもイヤなコトを我慢してやるなんて

まっぴらゴメンであるし、そんなコトやっていたら、いつか身体をコワし

そうだ。事故は有責でないとはいえ、恐怖感と罪悪感は心に残っている

から、早く振り払わないとずっと仕事の足枷になってしまうからね。


nice!(32)  コメント(5) 

追突事故の洗礼~その後~

事故から1週間経過

クルマ同士が衝突するときの音って、ホント~に、ヤな音がするもの

だね。9日夜の事故から1週間経過したけど、お嬢に追突された時の

「ドガッシャ~ン!!」

という大音響が何度も脳裏に響いてくる[ちっ(怒った顔)]。夢といわず現といわず…。

そんなこんなでお仕事に復帰した。若干腰の痛みが残るものの、運転に

支障をきたすほどではない。それよりも片目(左眼の白内障)も何とか

しなきゃぁね。身体的には大事を取って休んでるコトも出来たんだけど

事務所は「手が足りない」って実情もあるし、あたくし的にはクルマを

運転しないと、あの事故の恐怖心が日ごとに増幅されるような気がして、

恐怖心を打ち消すためにはやはりクルマを走らせる他はない。

ただ、業務復帰に関して営業所長のOKは出たんだけど、

運行スケジュールはギチギチに詰め込まず、最初はユルめのペースで

行い、段々もとに戻していくというカンジ。ただ月の後半戦は妻の命日

や末っ子の運動会のお弁当作り、眼科の通院なんかで休みがちには

なるんだけどね。


手術繰り上げの朗報

そうそう、眼科といいえば、あたくしの白内障の手術、12月の頭の予定

だったんだけど、10月末に繰り上がった。同時期に昨年手術をした父も

もう片方の目を手術の予定なんだけど、キャンセルがあって父に眼科

からハナシが行ったらしく、父が「息子がドライバーなので、こっちを

先に(手術)してやってくれ。」
と頼んでくれたというコトを、デンワで

眼科の受付からあたくしに連絡がきた。コレは嬉しい朗報だった。

片目のジャック生活が半分に期間短縮されたからね(^^)。


お嬢からのデンワ

デンワに知らない番号から着信、出てみると追突事故したクルマの

ドライバーのお嬢だった。デンワに出ると

「きーちゃん2さんですか?お嬢と申します。先日は大変ご迷惑

おかけしました。お体の具合、如何ですか?」
という挨拶からすぐに

連絡出来なかったコトを謝罪があった。事故直後のお嬢はケガと

パニックで会話も成り立たない状態だったし、そんな状態の娘に

真っ先に寄り添っていたい気持ちを堪えてあたくしのところに謝罪に

来てたお嬢のお父さんの気持ちにも敬服したコト、あたくし自身は

腰の痛みは残るものの通院までには及ばないコトなどを話した。

あたくしが「お嬢、貴女のほうは大丈夫なの?」と訊くと、

入院とかはなくてその日のうち帰宅は出来たみたい。打撲で肩や

腰が痛いのと、ベロを切っちゃったので喋りにくいのと醤油味が

沁みて辛いらしい。「失礼なコト訊くけど追突したときデンワとか、

弄ってなかったよね?」
と訊くとお嬢曰く

「ソレはないけど、考えごとしていて…。」とのコト。

事故に関しての賠償や示談は保険屋さんとあたくしのやり取りが

メインだから、お嬢や彼女のお父さん相手に何か言うってコトも

ないしね。そんなワケでお嬢に「連絡くれてありがとう」といって

デンワを切った。


敬老の日に

敬老の日っていうコトで、爺ちゃん(義父)の施設に訪問したいと、

次男からのリクエストがあった。前回8月末のあたくしのお休みの日に

長男と末っ子を伴って行ったんだけど、次男は家に居たにもかかわらず

爆睡してて起こしても起きなかったので、次男のみ行っていない。

お休みの日って大概あたくしは昼間っから酒盛りしてるコトが多いので、

どうしようかと考えていると翌日もお休みで幾つかの用事があるので

その時に行こうかということにした。

nice!(27)  コメント(5) 

追突事故の洗礼~後篇~

病院に救急搬送

受け入れ先の病院が別府市内の病院(逆戻りだ)。そこで頭部のCTと

レントゲン撮影で、診断の結果脳にも骨にも異常はなく衝突の際の頸椎と

腰の打撲のみ。アタマがボーッとしているのは先生曰く

「脳震盪みたいなのだから数日は治らんよ。」とのコト。で、本来ならば

病院にとどまる必要はなくなったんだけど、夜も遅いし移動手段を

失くしたあたくしはどっかに泊まるしかないんだけど、病院を出て

しまったら宿泊先を探さなくてはならなくなるので経過観察の名目で

ひと晩入院、翌日朝ゴハン&午前中退院の扱いにしてもらった。

個室に案内されて看護師さんから普段の健康状態、持病なんかの問診

などを受ける。

今飲んでるお薬は?⇒ありません。

タバコは1日何本?⇒吸わないです。

お酒は?⇒かなり飲む(爆)。なんかのヤツね。

夜も更けてきて担当の看護師さんから

「ひと晩だけだけど、ゆっくり休んでくださいね。」と優しい言葉を

かけて頂いて、事故のショックで精神的に疲弊していたあたくしはその

一言で胸キュン[黒ハート]&とても癒された。

お仕事道具と本が数冊入ったバッグは事故車に置き去りにしてきたし、

病院抜けだして近くのコンビニにアルコール類を買いに行きたかった

けど、さすがにソレは看護師さんに止められたので寝るコトに。

病院のベッドは寝心地が良かったけど夢にまた事故の凄惨な映像が

あたくしの脳裏にプレイバックされ夜中に2度ほど飛び起きて震え

上がる思いだった。事故の恐怖心があたくしの心の奥底に残った。


一夜明けて

朝は比較的気持ちのイイ寝ざめだった。病院のベッドは体圧分散性に

優れたマットレスを使用しているからね。8時に朝ゴハンだったけど、

うは…。エライな粗食だなぁ~。ゴハンにお味噌汁に冷ややっこと

酢の物と牛乳だ。肉っ気がないではないか…。なるほど病人には必要

最低限の栄養&カロリーで充分ってコトなのかね。

ゴハンの後は、警察の事故担当の方が調書作成のため病室に訊ねて

きて、事故車に置き去りにしていた荷物ももって来てくれた。

事故現場で説明したものを警察官の方の質問を受けながら調書に

起こす。小一時間ほどで終了したんだけど、最後にとても恥ずかしい

質問をされてしまった。

「きーちゃん2さんは、昔なにかスポーツをなさってたんですか?」

と。あっけにとられてあたくし「そんな風に見えました?」と訊くと

「救急搬送の時みたガタイが
凄かったから、ラグビーでもされてた

のかなと思って。」「……。」

恥ずかしいと言ったのは、実はあたくし鈍足で運動会では毎年ドベで、

「マット運動もロクすっぽ出来ない運痴(運動音痴)野郎。」と、

からかわれる人だったから。警察官の方が帰られた後、デンワが鳴った。

出てみるとお嬢のお父さんからだ。話の内容は改めて謝罪とこちらに

いらっしゃるとのコトであたくしはお昼前に退院し会社(博多)に

戻るので行き違いになるのでお気持ちだけ頂いて固辞した。

IMG_20190910_122301.jpg

お昼に別府駅から電車で博多に移動。お昼ゴハン&飲み鉄だ。

博多の事務所にて営業所長とのハナシで事故の後処理と賠償等については

相手方の任意保険の会社から連絡待ち。警察を通してあたくしの住所と

連絡先も伝えてらっている。今回の事故はあたくしの有責ではないので

金銭的被害も会社からペナルティを受けることもなかったし、業務復帰は

可能だったけど、帰り際に「まだ後から痛みとかムチウチ症状が出るかも

しれないし、数日は休んでいなさい。」
と所長からクギを刺された[ふらふら]

久留米に向かう電車の車中で相手方保険会社から連絡があり、あたくしと

クルマに関する賠償等の説明を受けた。同時に営業所にも同様の連絡が

行ったみたいなので、帰宅したあたくしは細々とした連絡を取りつつ

お休みを取っている。

ソレにしても8月に白内障、今月は追突事故なんて、神様もやってくれる

もんだねと思いながら、もしかして気に入られたんだろうか[爆弾][爆弾][爆弾]


nice!(30)  コメント(5) 

追突事故の洗礼~前篇~

遂にやられてしまった

その日は夕方に大分空港まで行き店舗のクルマを預かり長崎空港へ届ける

比較的長距離の移動。

IMG_20190908_165210.jpg

「別府から大村までは7時間はかかるな…。夜通し運転だし、自宅に

寄ろうか寄るまいか。」な~んてコトをルンルン気分で信号待ちをして

いたあたくしはその数秒後に奈落の底に叩き落された。

「ガッシャ~ン!!」

という大音響とともに背後から衝撃を受けて、あたくしの乗ったクルマは

5~6m前方に弾き飛ばされ交差点のど真ん中に。あたくしはしばらく

フリーズしていた。ココで再起動したあたくし、追突されてたことに

反応し腰や後頭部の痛みとともに、猛烈な怒りがこみあげてきて、

とりあえずクルマを道路わきに移動させ、追突してきたドライバーに

文句を言ってやろうとつかつかとそのクルマに歩み寄る。

が、その前クルマのドアが開いてエアバッグ全開の煙と火薬のにおいを

漂わせつつ、よろめきながらドライバーが歩いてきた。

あたくしに追突をブチかましたドライバーは、20代そこそこのお嬢。

「お母さん、アタシ。ゴメン事故った。」と、自宅にデンワをしていた。

「なんちゅうこつばしてくれたつの!」と怒り心頭のあたくしのところ

に来て、腕にケガして鼻血を出しながら

「大丈夫ですか?ゴメンなさい!ゴメンなさい…。」と、道路に這い

つくばって謝り続けて、通りすがりのクルマから降りてきてくれた

看護師さんらしき女性に介抱されていた。

その姿を見て・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

甘い男だと笑われるかもしれないけど、何も言えなくなったのだ。

そりゃぁ憎き加害者とは言えケガをしてる華奢なお嬢の痛々しい姿に

あたくし的には心が痛んだのだ。「あ”、貴女は大丈夫なんですか?」

と怒りを抑えつつも、絞り出すようにやっと言った。

事故の被害者の立場であるとはいえ怒りに任せて人命や安全を第一に

考慮するコトを忘れてしまったら、交通社会は地獄になってしまうから。

「広い交差点なんだし、他にクルマはいなかったし、いまのクルマは

すべて蛭子さん(ABS=アンチロックブレーキシステム)が付いて

いるから、ブレーキ掛けながらハンドルで避けるコトも出来るだろ!

なんで一直線にぶつかってくる?」とかツッコミどころ満載なんだけど、

ぶつかった事実は変えようがない。

あたくしは衝突のショックで朦朧とした状態で勤務先の事務所にデンワ

して事故の状況説明。事故現場を目撃し停まってくれた何台かの

クルマのドライバーの誰かが警察&救急車を呼んでくれてて警察への

双方への事情聴取…。

が、相手のお嬢はパニック&負傷で会話もままならない状態。救急車が

到着し、あたくしの様子を見に来た救急隊員曰く、時間差でもう一台

来るそうでダメージの酷いお嬢を先に搬送してあげてと依頼。

「お嬢の父親です。」と登場した男性から「娘が大変ご迷惑をおかけし

申し訳ありませんでした。」
との謝罪があった。警察とのやり取りも

一応終了した時点で2台目の救急車が到着。あたくしは自力歩行できる

ので自分で救急車に乗った。


次回に続く…。


nice!(24)  コメント(5) 

コレも青春の1ページ

母からの安否確認

昨日母からのLINEが入ってて、眼科の診察の結果はどうだった?って

訊ねてきてた。ちょっと前にね、たまたま散歩してる母とウチの前で

会ってあたくしが「左目がよう見えん、ビニール越しにみよるごたる。」

っていったら「アンタそれ白内障たい。」ってコトで、あたくしも半信

半疑だったんだけど「やっぱりそうか…。」と、納得。

で、そこで母から近所で父が昨年白内障の手術を受けた眼科のコトを

教えてもらい、あとで父からどこの場所か教えてもらい、8月末に

お仕事休みの日に来院し受診した。ケッコー評判のイイ眼科なので、

待ち時間スゴかったけど何とか終了という次第。なので母には白内障が

進んでる&手術の案内されて承諾したから12月頭の予定だと伝える。

母が「予約が閊えてるから、キャンセル出たら前倒ししてって、病院に

頼んどいたら?」
って言われたのでそうだね名案だ、そうしておこうと

思う。まぁしかし、8月は猛烈な闘志でお仕事をガンガン入れてやって

いるこのタイミングで目の病気を患うなんて、まるであたくしの勢いを

削ぐような出来事だし、ついでに月末の大雨で(佐賀の武雄、牛津、

大町辺りは河川の氾濫で浸水が酷かった)
交通機関が遅延や運休で

現場に向かうことが出来なかったりして、実績はそれなりに上がった

ものの、ココであたくしは完全に戦意を喪失していた。

凹みながらもよくよく考えたらあたくしはもう「頑張らない」コトに

決めっていたんだった。なので神様が「ナニ暴走してる!」って、

ストップをかけてくれたのかもね。そんなワケで9月スタートは少し

ゆっくり目にやっているっていうか、眼のコトもあるし治るまでは

そうせざるを得ないんだけどね。

IMG_20190422_175605-EFFECTS.jpg


コレも青春の1ページ

次男が床屋さんのついでにカミを染めて帰ってきた。

「ぬぅ、ひよっ子のクセに色気づきおって…。」な~んてコト言って

からかいつつも、出来栄えを拝んだら控えめなブラウン。なかなか

イイ色合いだったので、まぁ善しとしよう。

コレも青春の1ページだろうからね。それにかつてのあたくしも

通った道だからエラソーなコトは言えない。

そのあたくしの恥ずかしい経験だけど、22~3の時にね、明るいカミの

色にしようと思い立って、ブリーチやったんだけど、カミに液体を

含ませて15分待って洗い落とすってタイプだった。でね、時間潰す

ためにレンタルビデオ屋さんで借りて小刻みに観ていたシュワちゃんの

映画「トータル・リコール」を観ていた…。のが間違いだった[ふらふら]

アタマにかけた液体を落とす時間にちょうど映画もクライマックスに

差し掛かり目が離せない!でもアタマ洗わなくちゃ!でもTVの前から

動けない!な~んて思いながらグダグダとラスト~エンディングロール

まで観てしまった。ココで15分もの時間オーバーした状態で恐る恐る

お風呂でアタマを洗い流した後、カミを乾かすために鏡を見たら

「パ、パ、パツキ~ン!!」

になっていた[がく~(落胆した顔)]。ホントは明るいブラウンあたりに仕上げるはず

だったんだけど、パツキンは想定外だったね。

で、義父には怒られるし(接客仕事なのにオマエは[むかっ(怒り)]!)、友人には

「アタマでも打ったのか?」ってからかわれるしで散々だったよ。


nice!(28)  コメント(2) 

白内障対策と義父の施設入所

3ヶ月の片眼のジャック生活

ぐぬぬぬ…。この「若い」あたくしが、

「老人性」白内障治療点眼剤だとぉ~[むかっ(怒り)]

IMG_20190904_103534.jpg

こないだ眼科で貰った白内障の進行を抑える点眼薬だ。治療ではなく

あくまで進行を抑えるだけなんだけどね。と言ってもあたくしの場合、

フツーに見えてた状態から突如としてお盆に左目の上の方が、

「なんか曇ってる。」って思ってたら8月末には眼にビニール被せた

みたいになっちゃったし、コレはイカンと眼科に掛かったら、先生が

「白内障が進んでますね。」ってカンジだから、わずか半月ぐらいの

間に白内障がガーンと進んじゃったワケ。なのであたくしの左眼、

いまはモノのディティールなど判別もできず、明るい暗いと色のみ

しか分からない。なのでこーゆー状態になってしまってはもはや、

手術によって白濁した水晶体を切開し、人工のレンズを入れるほか、

今んところ治す術がないワケ。眼科からは、手術の案内をされた際、

最短12月頭ってコトだったけど、ココの眼科で昨年あたくしの父も

白内障の手術をしたので信頼を置いてもよかろうかと思っている。

片目のジャックは視野が狭くて不便でくっそ忌々しいが、クルマの

運転も長年のカンも働くのか出来てるし、移動中に視界に入る美しい

風景を愛でるコトも出来る。上にいる妻はあたくしを神様とともに

天から護ってくれているし、何よりかにより完全失明よりは1万倍は

マシだ。

IMG_20190820_085004.jpg

こんな目に遭うってのは神様があたくしにちゃんと見える目を持って

いるコトに感謝をしなさいという警告なのかなと…。

ホントに感謝の気持ちを忘れないようにしなくてはね。


義父の思惑と施設入所

義父がお盆過ぎから前々から検討していた自宅に近いところにある

住宅型有料老人ホームに入所した。義父は脊柱管狭窄症を患って以来、

運転免許を返納してクルマを運転しなくなり家に籠りがちになって、

あたくしが家を不在にしている際には長男が義父の買い物代行を

していた。ウチの家族は妻が亡くなる以前から同居しているんだけど、

義母を亡くして独居になった義父に万一何かあった場合のコトとかも

心配だったしウチも祖父宅から最寄りの小中ガッコに次男や末っ子を

通わせたいコトもあったからね。

でもやっぱり昨年10月頭に夜中義父が転倒、流血沙汰のケガをして、

隣の部屋に居た次男が発見し、あたくしに知らせると同時に義姉を

呼んで来て義姉から救急車を呼んでもらって義父に同乗してもらった

ので、ウチも何かしらそれなりに義父の役には立っているかなと自負

していたんだけど、家に居たとしても専門家のいる施設みたいに

リハビリの実施計画なんか立てられないし、食事は不規則で栄養の

バランスも滅茶苦茶だから、義父自身もソレを感じていての入所で

あったのだろうと思う。

8月下旬、あたくしがお休みの日に義父に頼まれた衣類を届けるついで

に長男、末っ子を伴って義父の施設に訪問した。2週間ぶりに会った

義父が随分と血色の良い顔色になっていた。義父の思惑に100%マッチ

しているワケでもないとはいえ、家では夜中にTVやDVD観ていた

義父がメチャメチャ規則正しい生活(起床、お食事、消灯時間など)に

栄養価やカロリー計算された食事に、施設に併設されたプールでの

リハビリ(水の浮力があるから身体への負担も少ないしね)も行って

すごく健康度もアップしているのが伺えたし義父自身もそのために

入ったようなものだと語っていた。他人の干渉を嫌う義父のコトを、

施設内でうまいコト生活して行けるか心配してたけど、元気になって

くれてよかったよ。それに子供たちも近い場所だから、時折会いに

行ったり爺ちゃんのお使いも引き受けるって言ってるしね。


nice!(31)  コメント(5) 

「OH!SHIT!!」な出来事

前回の続き…。で、あたくしの思わず

「OH!SHIT!!」

な出来事の一つ目。


ネットカフェデビュー

午前零時になるかならないかの頃、小倉駅前でクルマの引き取りを依頼

された店舗でキーを預かり、そこから1㎞ぐらい離れた店舗の駐車場から

クルマを出して久留米の店舗に納めて自宅へ帰宅する算段だったのね。

で、引き取り車両のキーを持って、深夜の小倉の街をとぼとぼ歩いて

着きました駐車場。そこで引き取るクルマを見つけたのはイイんだけど、

運転席に座ったあたくし、思わず汗がぶわっと吹き出す。

あたくしが持ち出すクルマの真ん前に塞ぐように駐車車両があって、

スペース的にどーやってもクルマを出すことが出来ない。悩んだ末に

事務所のスタッフにデンワをし、クルマを出せない旨を伝えると、

「終電逃してるし、近くのネカフェで休んで、始発で戻ってきて。」

と、いうワケで、ここにきて初めてインターネットカフェとやらを

利用するコトと相成った。受付を済ませて個室に案内されたんだけど、

中を見て

「OH!SHIT!!」

とか

「OH!MY GOD!!」

な~んて思わずジンガイになってしまったよ[ふらふら]。薄暗くて迫っ苦しい

スペースにPCとリクライニングタイプのソファがあるのみだ。

基本あたくしは快適な空間を提供してくれるホテルに泊まりたい

のだが、高額なので会社が経費として出してはくれないので、不本意

ながらのネカフェデビュー&ひとり宴会ってワケ。

IMG_20190824_012204.jpg

まぁネット環境さえあれば、他はどうでもイイPCオタクの人や、

カプセルホテルのように入れ物さえあればイイって考える人ならば、

ひと晩千数百円でる利用できる、お得な施設ではあるんだろうけど、

あたくしはなんだか惨めったらしくないかと思ってしまうね。


片眼のジャックの気持ち

半月ほど前のお盆の頃、義母のお墓掃除を子供たちとやっている際、

左目の視界の上の方がなんか曇っている。眼をこすりながら

「おかしいな…。」とか思いつつ、今月は多忙を極めていたので

とにかく、目の前にあるお仕事をこなすことで精いっぱいだったので、

気になりつつもそのまま何日も経過した。

ところがその後、左目をそっくりビニール袋被せたみたいな視界に

なってきたんだけど、「いやいやコレは一時的なものだろう。」

な~んてコト思って、疲れてるからひと晩寝れば回復するんじゃ

ないか?とか思ってたけど、日を追うごとにビニールが2枚になり

3枚になり…。コレはイカンと近所の眼科に掛かったのだが、診察の

結果「白内障が進んでますね。」と先生。2つ目の

「OH!SHIT!!」

である。白内障って高齢者の病気だと思っていた、人一倍気持ち

だけは若い「54歳という若さ」のあたくしきーちゃん2、

ココに愕然となる…。左目の瞳孔は死んだ魚のような薄気味の悪い色。

グラサンで隠さなくては…。

IMG_20190801_110919.jpg
IMG_20190831_221842.jpg

白内障手術の案内もされたんだけど、最短で12月頭だって。

「おいおい、先長すぎるぞ~。」

ココで4か月、「片目のジャック」生活が確定した。まぁ右目は健在だし

車の運転も出来るから、日常生活はフツーに遅れるけど、片目だとやはり

遠近感がつかみにくいのがもどかしいよね。フツーにものが見れる状況が

いかにありがたいコトなのか、こーゆー時初めて分かるもんだね。

片目のジャックや隻眼の宇宙海賊キャプテンハーロック(敵に囚われた

恋人マーヤを救うために闘った際左目を撃ち抜かれた)
の哀愁もね。

nice!(33)  コメント(4) 

久しぶりの更新です

失礼を致しております

お久しぶりの更新です。

最近繁忙期もあって、お仕事を入れまくって愉しんでいましたので、

ブログの更新&皆様への訪問がおろそかになってしまいたいへん失礼

を致しております[ふらふら]。細々とでも出来る限り更新していくつもりです

ので、宜しければ今後ともお付き合いをいただけましたら幸いです。


好きなコトをやってると、寝ざめも気持ちが良い

お仕事上がりの翌朝の目覚めは気持ちがイイ。長時間の運転でしかも

忙しいこの時期に物理的にどのくらいの量の仕事をこなせるかの実験的

試みもあたくしにはあって、1週間ぶっ通しの勤務だったから、身体は

しっかり疲れているワケで、起き抜けは「どよ~ん」ってカンジで

まどろんでいるこの時がとくにイイね。それもこれも自分の好きな

コトを仕事にしているからで、前職の時にはおよそ味わえなかった

気分だ。今のお仕事を始めてからお休みの日は良く寝てるし、休日明け

の次の仕事がこれまた楽しみだ。

IMG_20190714_214338.jpg

ココ1週間ぐらい、なぜだか分からないけど末っ子があたくしのお部屋

に寝に来るようになった。ゲームのコトで長男とケンカしたからかと

思ってたけどソレだけじゃないみたい。夏休みってコトもあって、

6日の出校日はあったんだけど、台風の影響で中止になって大喜びして

いたし、連日夜中までゲームに興じていて、お仕事の途中であたくし

が夜中に帰宅したときも大概起きている。

26日(月)からガッコ始まるのに大丈夫なのだろうか?

IMG_20190810_114227 (3).jpg
※お盆にばあちゃん(義母)のお墓掃除をする子供たち


休みの日のお買い物

お休みの日はもっぱらあたくしが家を留守にしている期間に、

不足している日用品とか食料品を子供たちを伴ってお買い物に行くコト。

シャンプーやボディソープはコストコサイズだし、お肉を買えばメガ盛り

だったりで、ケッコーなボリュームになるから、長男や次男を荷物持ちに

任命している^^。

末っ子はゲームに夢中でお留守番だ。 翌日から5日間のお仕事なんだけど

、あたくしの留守中は長男が所持金を管理している。まぁほぼゴハン代

なんだけど、上手にやりくりしてくれている。でもちょっとばかり心配

でもあるので外出中でもデンワで訊ねたりをしょっちゅうしているもの

だから、長男もうんざりしたのか遂に言われてしまった。

「ソレよりも、、パパのほうは大丈夫なん?」「………。」

長男の言う通り、今回は勤務が1週間ぶっ通しだったし思わず

「OH!SHIT[がく~(落胆した顔)]!!」(あ”~!くそぉ~!!)

と言いたくなるようなハプニングもあり、その他諸々事情によりいつも

より多額のおカネを使ってしまっていた。そんなタイミングで長男の

この言葉、いやぁ~こりゃぁ一本取られましたわ。

「OH!SHIT[がく~(落胆した顔)]!!」と言いたくなるようなハプニングについては

次回記事でご紹介するね。

nice!(28)  コメント(4) 

仕事か家族サービスか

各地で猛暑日

IMG_20190730_123801.jpg

暑い!暑すぎる!!あたくしの地元でも36℃。各地でも軒並み猛暑日を

記録してると思う。 そんな炎天下の中、小倉駅前で移動のためのバスを

待つ間に軽くお昼ゴハンでもと思い、駅のパン屋さんでパンを買い、

IMG_20190123_140927.jpg

鉄郎とメーテル(ブロンズ像)の横に座ってパンをかじっていると、

何やら足元をうろついている鳩の数がいつもより多い。それどころか、

やたらあたくしに接近してきて、あたくしの座っているベンチのそばで

トコトコ歩いてる。あたくしの座ってる横の鉄郎のアタマにとまってる

子までいる。食べ物を狙われてるのは明らかなんだけど、餌付け乙など

してもマズいから「いや、やらんばいアンタ。」といってスルーしてい

たんだけど、行き交う人たちからは「鳩とムキになって喋ってるヘンな

ヤツ」
みたいにクスクスされるし、そのうちついにしびれをきらした

一羽の鳩が食べ終わったパンの袋を持ってるあたくしの右手に乗って

くるという暴挙にでた!ラピタかよ…。

で、当人(鳩)は袋の内側にこびりついたサンドイッチの具を

突っついていたwww。

まぁパズーん家に居る伝書鳩みたいなきれいな白い鳩であれば可愛いん

だろうけど、小汚いドバトだったからイマイチ気分が出ん…www。


自然が相手ではね

昨日はお仕事上がりの日でね、夕方最後の業務に入ったところで相当な

激しい夕立、どれぐらい激しいかっていうとね、水はけの悪い道路で

川みたいになってるところへ更に叩きつけるような雨が飛沫となって

霧状になって視界が遮られるようなカンジだ。

空を見上げれば鉛色の雨雲がど~んと垂れこめていて遠くには時折

稲光が地上に向けていく筋も走っていた。ケッコーどっかに落ちたん

じゃないかって思っていたら、あたくしの向かう方向は渋滞して

動かなくなるしコレはたまらんと、迂回路を捜して距離的には遠回り

してなんとか到着し、業務終了したものの、時間は普段の倍ぐらい

かかったがソレだけでは終わらなかった。帰宅をするため乗る電車

までも大雨と落雷の影響でダイヤが乱れまくって19時帰宅の予定が、

実際に帰り着いたのは22時30分だった。

通常お仕事上がりの時間はあたくしの場合18時と統一申請を

していて、現地で18時に業務終了したとして、県外から帰宅すると

20時にはなる。ウチの最寄りのバス停は、駅から21時30分には最終の

バスが出てしまうので、ソレを過ぎてしまうと自宅まで20分は歩く

ハメに陥る。まぁそのぐらいは歩くのも健康にイイんだけど、

業務上がりの疲れ切った身体には少々キツいぞ。

帰りしなにセブンでアルコール類とおつまみになるものを抱えてのコト

だからね。いやぁ~お仕事の後のお酒は全身に染み渡るうまさだね[わーい(嬉しい顔)]


仕事か家族サービスか

今は楽しくお仕事やっているし、休みなしでっていうのは体力的に

ムリがあるけど、仕事の合間に夜中とは言え毎日のように帰宅できるし

ココ数日末っ子がゲームのコトで長男とケンカしたのか、あたくしの

ところで2~3日寝ていた。その寝顔を見ながら「もう可愛い時期も

そろそろおわりかな?」
って思い、末っ子が反抗期突入して

IMG_20190801_173023.jpg
※ゴハンの時間まで待てず、から揚げをつまみ食いする末っ子

憎ったらしくなる前に、今年の夏休みはお盆過ぎにお休みをとって、

末っ子の行きたいところ(本人曰く、かぁちゃんと行ったコトがある

ところっていうんだけど、思い出せない[ふらふら]
に連れて行って思い出

作りをしたいものだね。

nice!(38)  コメント(4) 

末っ子の思わぬアクシデント

次男のデンワ受け取り

次男のデンワの破損絡みでの、ドコモ屋さん来店、コレで4回目だ。

「予約してたらスムーズにいくよ」とコメでアドバイス頂いたので、

午前中あたくしが来店してスタッフに午後からの空き時間を訊ね、

15時に決定。まぁお陰様で1時間弱で手続きは終了、料金プランも

見直してもらい、¥4,000ほど安くなったのは不幸中の幸い。

水濡れはそもそも修理が利かないので交換するコトになるんだけど、

次男の使用してる機種自体は、高校に上がった頃に契約したものなので

3年以上経過してて、同じモデルはなく後継機種にはなったけど、

補償で交換に要した¥8,100は、次男の来月のバイト代から徴収する

コトにする。4回目だからいい加減デンワをコワさない術を学習して

もらいたいものだけどね。曲がりなりにも大学生の次男が、小学生が

洋服や傘を破ったりするぐらいの感覚では困る。

それから彼には今より一層バイトに勤しんでもらわないとね。


3日休みでリフレッシュ

3日間お休みをしてて(申告制)、疲れも取れて元気にスタート

するぞと意気込んでいるあたくし。ドコモ屋さんに次男のデンワを

取りに行ってそのあとお買い物。コレがあるから朝酒、昼酒は

出来なかった。っていうか缶チューハイも缶ハイボールも飲み

つくして冷蔵庫にストックもなかったんだけどね。

だけども昨日と違って新しいデンワへのデータの移し替え(LINE

のお友達とのトークや2,000枚を超える撮影した画像がエライ

時間が掛かるってコトで、結局ドコモ屋さんには1時間半ぐらい

居た)
クルマに長男と末っ子を待たせていたので遅くなって

メンゴと謝り晩ゴハンのお買い物に。

次男がビビンバのリクエストで長男と末っ子はとんかつで、

それぞれ材料を買って帰り、長男とあたくしで調理。あたくしは

次男に便乗し3人前のビビンバの素で作って1人前分けてもらい頂く。

IMG_20190802_203500.jpg

で、みんなお腹いっぱい食べたと思ったけど、炊飯器に思いのほか

ゴハンが残っていたので、本かつおふりかけでおにぎり10コ作って、

IMG_20190802_235843.jpg

テーブルに置いていて、午前0時過ぎに見に来たらきれいさっぱり消費

されていた[むかっ(怒り)]。さらにそれから寝直して3時過ぎに次男に起こされて、

何事かと思いきや末っ子がお腹が痛い[ちっ(怒った顔)]と訴えている。

あんまり痛そうなので、近くの病院の深夜外来に連れて行き、本人曰く

2日間ぐらいンコしてないんだそう[がく~(落胆した顔)]。食中毒かと心配してたあたくしは

ズッコケた。浣腸してもらってものの数分で痛みは引いてスッキリ

したんだけど、あたくしが在宅中のコトでよかったよ。

nice!(37)  コメント(5) 

デンワをコワして1週間

忘れられた存在

次男がデンワをコワして約1週間。

彼がその翌日ドコモ屋さんに行こうと話していて、お昼からず~っと、

待ってるんだけど、♪ま~て~どく~らせ~どこ~ぬひ~とよ~~。

ってカンジで17時を回って、「もう知らんゾ!」とあたくしは酒盛りに

移行。次男が帰宅したのは18時55分。

IMG_20190716_210034.jpg

ドコモ屋さんの営業終了5分前である。遅れた理由は何かと訊ねたら、

お友達と英語の学習指針について熱く語り合っていたそうな。

英語と一口に言っても本家本元のえげれす英語(かつて、七つの海を

支配したと言われるえげれす。昔の百科事典の世界の国旗一覧には、

アフリカや太平洋の島々の国の国旗の左上にユニオンジャックを

つけた国がたくさんあった。)
にアメリカ英語、お隣のカナダ、

(フランス語も混じってる)、オーストラリアやニュージーランド

などオセアニア圏の英語など、日本で言う東北弁とか関西弁とか

九州弁みたいに、地方の方言的な違いがあるんだろうけどやっぱり

本家のえげれす英語がカッコイイらしい。

と、そんなコトをお友達と語り合っていたらあっという間に夕方に

なっていたらしい。阿呆すぎる!デンワが使えないと不便だろうし、

それよりなにより早いとこ英語ペラペラになってパツキンの

オネーチャンの彼女を連れて来いと言いたい。

そんなワケで、次男と改めて決めたのが1日のお昼過ぎ。ガッコは

1~2限で帰ってくるので、お昼ゴハンを食べて午後から

ドコモ屋さんに赴くような算段だ。


今月のお楽しみ

今日から8月がスタートした。

7月のお仕事は初っ端こそ振るわなかったものの、後半戦はやはり

夏休みが絡んでるゆえにケッコー忙しくなってきたのでハードな

スケジュールとなって、おまけに梅雨明け間近のバケツをひっくり

返したような豪雨に見舞われるしでまぁ疲れはしたけど程よい

充実感を味わったね。

IMG_20190721_113621.jpg

好きなコトを職業にするとホントーに幸せを感じるものなんだなと

心底思うよ。

昔読んだ本(本田健さんの「大好きなことをやって生きよう!」)でね、

好きなコトを仕事にすると、こんなメリットがあるっていうのが紹介

されていたけど、

①心の平安が得られる、

②素晴らしい人間関係に恵まれる、

③生きている実感が持てる、

④健康になる、

⑤経済的にも豊かになる、

などだが現在、⑤以外は(カネコマのあたくしは、コレが一番楽しみ

にしてたのに、コレだけ実現しないのは何故?)
今それらを実感

している。今月は3日からスタートするけどさらに忙しくなるっていう

から今からワクワクしながら待っているよ。

nice!(34)  コメント(3) 

長男の大逆襲

お仕事上がりの朝

あ”~、おはようございます。昨日が仕事上がりで、忙しくなってきてる

のはイイんだけど、ちょいとばかし寝不足気味だったので、泥のように

寝てて今朝の7時前。

まだ眠気の覚めないままおもむろにシャワーを浴びて髭剃って髪を

乾かして、やっぱり半分寝ボケたまんま、缶チューハイをパシュッと

開けて眠気覚ましにごくんごくんと飲んでいると次男が

「パパ、おはよ…。」と、起きてきたんだけど、「実は…。」という。

この後の次男のひとことで、缶チューハイの炭酸の刺激よりも強烈に、

バッチ~ン!

と、完全に目が覚まされたあたくしであった。 


デンワが水濡れでコワレた

またまた、またしてもデンワをコワしやがった次男。原因は水濡れ

らしいけど、次男は今プールの監視員のバイトをしているから、

♪監視員のバイトし~てた君のクロール一番さ/by渡辺美里

誤ってプールにでも落としてしまったのか?ソレにしたってトータル

4回目だ。3回目の時は昨年末だったので、ペナルティとして次男に

とっては最後であったお年玉受給を凍結(※きーちゃん2家実家の規約

では、18歳を迎えた翌年を最後にお年玉の受給資格は消失する。ソレ

以降はお小遣いぐらい、自分でバイトでもして稼げよっていう意味だ)


3回目までは次男も高校生だったし、あたくしもまさか大学に上がって

4回目があるなんて夢にも思わなかったよ。

デンワをコワすたびに名義人であるあたくしがドコモ屋さんに出向いて

死ぬほど待たされた挙句に煩雑な手続きをしなくてはならない。

またあの地獄を味わわなくてはならないのかと、思わず脱力した。

人の時間を不当に奪うのは重罪だと、常々子供たちには言ってる

あたくしなんだけど、KYなあたくしに似ず次男は何かと気が利くヤツ

で、仕事で数日不在にしてたあたくしの寝室に転がっている、

おびただしい数の缶チューハイや缶ハイボールの空き缶を片っ端から

潰して捨ててくれていた。

まぁ、またドコモ屋さんに付き合わなくてはなるまいて。


長男の大逆襲!

おれはもうニートじゃない、働いてるから。

と、あたくしに完全復活をアピってきた長男。

ふっふっふ、エライな自信に満ちた長男の言葉だったなぁ。

今月から義兄の経営するヨットスクール…。じゃなかった販売店で

バイトを始めた長男。ツッコミどころは満載だけど、たとえカン違いで

あっても、自信を持つってコトはいいコトなのだ。

如何にポテンシャルの高い人でも「上手くいかないかもしれない。」

って思っている人よりも、凡庸な人でも「俺って天才じゃなかろうか?」

って思ってるカン違い野郎の方が上手くいくものだ(笑)。

IMG_20190723_090332.jpg

そうだ、臆することなく進め長男!5年間抑圧されたエネルギーを、

社会に向けて解き放て!破竹の勢いでの大進撃を期待している。

もういい加減に気づいてもいいハズだ。アナタは幸せな人生を送っても

イイのだし、ソレを邪魔するものは誰もいないのだから。

来月貰える初のバイト代で、爺ちゃん(義父)にプレゼント買って

贈呈しろよ[わーい(嬉しい顔)]

nice!(40)  コメント(3) 

健康がすべてです

義父の再入院

義父が先月末から再度入院したんだけど、義父の様子見は、あたくしが

仕事柄家を不在にするコトが多いので、専ら長男と次男に任せていたん

だけど、コレではイカンとあたくしも仕事の合間を縫って義父の

入院する病棟に赴いたりするんだけど、たまたまその病院の病棟が妻の

お世話になったフロアだったのね。妻は直腸がん、義父は肝臓がんで、

おんなじ消化器系の病棟だったしね。

3年前妻を看取った病棟で、当時お世話になった看護師さんたちの顔も

ちらほら見えていたので、当時の辛かった妻の闘病生活の記憶が蘇って

きてズドーンと落ち込んだ。

近くに居た看護師さんに声を掛け、義父の病室に案内してもらった。

手術(肝臓。20年ぐらい前にかかりつけの内科の先生が見つけてココの

病院を紹介してもらい最初の手術だったんだけど、本人曰く相当辛かった

みたい)
後数日経っている義父に経過とか以後の予定とかを訊ねた。

当初は整形外科に転院して脊柱管狭窄症手術を行う予定だったんだけど、

そちらに空きがなく、しかも今の病棟にも長くは置いてはくれないし、

何より義父自身も入院した方が療養できてラクそうだと思いきや、

思ったほどに居心地が良いワケでもないらしい。

消灯時間とか決まっているから自由は利かないし、「なんか眠れない。」

って思っても、家と違って夜中にTVなんて観れないしね。

やっぱり家が一番よ^^。義父は今日義姉の送迎で退院してくる。 


健康がすべて

病棟でいきなり「健康がすべて」論を語りだす義父。

「アンタはどっか具合の悪いとこ、あるの?」って訊かれたので、

「今のところ身体のどこも、痛くもかゆくもありませんよ。」って

答えたんだけど、義父はやはりあたくしの酒量の多さがいずれ健康を

害すると懸念しているようだ。義父は「おれもアンタの歳の時分

には、な~んも考えんで飲んだくれてたしね。で、肝臓は2回

手術した。」
弱弱しく苦笑する義父が切なかった。

だって、義父の今の状態、30年後のあたくしの姿だからね。

っていうか30年後の、今の義父の歳まで、あたくしが生きている

のかどうかすらも怪しいんだけどね。

IMG_20190709_201832.jpg
※暑い夏の、喉の渇きを癒す一杯、「スクリュードライバー」。
カスピ海の油田で働く男たちが、手持ちのウォッカとオレンジジュースをグラスに注ぐが、
混ぜるためのマドラーなんてないものだから、ねじ回し(スクリュードライバー)で
代用、ステアして飲んでたっていうのがこのカクテルのルーツ。
文字通りねじ回しのごとく酔いが回るカクテルだ^^。


だけどあたくしはヤケ酒なんてしないし、好きだから楽しく飲んで

いるので、それほど健康を害しているとは思ってはいない。ただ、

「善人は早死にする」

っていうからね[爆弾][爆弾][爆弾][爆弾][爆弾](メガ爆)

寿命はあんまり長くはないだろうねとは思っているけどね。

ずっとずっと思いっきり「ヤな奴」になってやろうと思っている

けれど、コレがなかなかに難しいのだ。

まぁコレが出来れば「憎まれっ子世に憚る」で長生きできるの

だろうけどね[わーい(嬉しい顔)]

nice!(34)  コメント(3) 
前の20件 | -